fbpx
Print
Category: 日本語の記事
Hits: 3111

RPというのは英国のクイーンズイングリッシュとよく言われます。イギリスでは様々な民族や様々な地域によって英語発音が異なります。

日本人にとって英語が難しい理由は、日本語で考えながら英語を使うからです。

また、実際の英語と違って、カタカナ英語の子音と母音は短いです。発音仕組みを上手く理解がすれば、徐々に英語発音を聞き取れるようになり、最終的に日常会話も上達します。

流暢な英語で話すのには、二つの要素があります。良く聞き取れる事と良く発音出来る事。

​そこでこのコースは様々な発音教材を使って実施します。最初の段階は、自分の発音は間違っているかどうではなくて発音の基礎知識を得るだけです。

 

基礎知識の取得

  1. IPAを理解することによって発音の基礎を学ぶ
  2. 英語の基礎母音や子音を学ぶ
  3. /l/と/r/や/v/と/b/など、似たような子音の違いを学ぶ
  4. 似たようの母音な違いを学ぶ
  5. 音の連結を学ぶ
 

上達の経緯

  1. IPA, 子音や母音などの基礎発音を学ぶ
  2. 正しい発音を聞いて繰り返し練習する
  3.  自分の過ちを意識できるように練習する
  4. 発音の違いを意識できるように練習する
 

英語で考える

  • 日本語で考えるからこそ英語が難しくなる。
  • だからこそカタカナ英語ではなくて本物の英語を意識しましょう。
 
個人レッスンのコース内容:

・日本語と英語の発音の違い
・唇の形や筋肉の動きなど
・子音:破裂音、破擦音、摩擦音や鼻音など
・前舌母音、中舌母音、後舌母音
・母音:長母音、短母音、二重母音、三重母音
・半母音
・音の連結:それぞれの子音や母音などの組み合わせ
・音読の練習
・発音基礎の知識を取得するにはだいたい15回のレッスン以内完成出来ます。
 
英語発音を紹介する動画:
 
.be
 
 
個人レッスン, オンラインレッスン, 会社のレッスン、教室のグループレッスンやワークショップなども行います。無料体験レッスンを実施しています。
ご興味のある方はメールにてお問い合わせください
 
private_tuition@ receivedpronunciation.com (Please remove the space after the @ sign.) 
  
 

 

powered by social2s